シェムリアップ&神秘的なアンコール

シェムリアップ&神秘的なアンコール

コード: PT-CAM01

交通: Car,

2泊3日

Book

森林の面積が含まれ、400平方キロメートルに渡って伸ばすアンコール考古学公園は、9世紀から15世紀までクメール帝国の首都として知られており、その中に一番有名なのは、アンコール・ワットとアンコール・トムです。又はバイヨン寺院はその無数の彫刻装飾があります。

アンコール考古学公園は、1992年にユネスコの世界遺産に認定されました。

 

1日目:シェムリアップ(昼、夕)


ホテルなどのご指定所でピックアップ

午前


*バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) はアンコール・ワットの北東部に位置するヒンドゥー教の寺院遺跡であります。バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味。大部分が赤い砂岩により建造されている。規模こそ小さいが、精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されています。こうしたことから観光客には大変な人気があり、「アンコール美術の至宝」などと賞賛されています。中でもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれています。


*バンテアイ・サムレ(Banteay Samré )は、東バライの東側に位置し、12世紀中頃にスーリヤヴァルマン2世(在位1113-1150年)のもとで造られたアンコール・ワット様式のヒンドゥー教寺院であり、小アンコール・ワットとも言われています。二重の周壁には連子窓が見られ、円錐状の塔をもつ中央祠堂と、東側の基壇上に南・北となる2棟の経蔵などを備えています。

 

   
                                           バンテアイ・スレイ                                                                             バンテアイ・サムレ
 

午後

*タ・ケウ(Ta Keo)は、「クリスタルの古老」という意味です。10世紀末にジャヤヴァルマン5世により建設が開始されたが、王の死去により未完成のまま放置されたピラミッド型ヒンズー寺院です。

タ・プロームTa Prohm)は、カンボジアにあるアンコール遺跡群の中に多くの寺院や宮殿などの遺跡群のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡です。創建したのは、クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世だそうです。

*バンテアイ・クデイ(Banteay Kdei)は、アンコール遺跡において、「チャンバ族の砦」または「僧房の砦」として知られる仏教寺院です。この寺院はタ・プロームの南東、アンコール・トムの東に位置します。

プラサット・クラヴァン(Prasat Kravan)は、アンコール遺跡にある共通する基壇上の5つの赤みがかった煉瓦の塔より構成され、10世紀に小さな寺院であり、スラ・スランと呼ばれる人工の池バライの南に位置します。寺院は、扉口の枠にある碑文によると、西暦921年にヴィシュヌ神に捧げられたものです。

 
 
                                                            タケウ                                                                                                  タープローム
 
                                                  バンテアイ・クデイ                                                                  プラサット・クラヴァン                           
 
 
 
宿泊:シェムリアップ
 
 

2日目:シェムリアップ(昼、夕)

「大都市」と呼ばれるアンコール・トム旧市へ移転。ジャヤヴァルマンVII王は1181年にチャム侵略者からアンコールの首都を奪還した後、彼は新しい首都としてアンコールトムの構築、帝国全体で大規模な建築のキャンペーンを開始しました。彼は、バプーオンやピミアナカスなどの既存の構造のようにに始まり、建物の外に堀を作らせ、自分の都市を建設しました。


見学

午前


南大門:アンコールトムは一辺3kmの堀と、ラテライトで作られた8mの高さの城壁で囲まれています。外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門でつながっています。各城門は塔になって、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施されています。また門から堀を結ぶ橋の欄干には乳海攪拌を模したナーガです。またこのナーガを引っ張る阿修羅と神々の像があります。


バイヨン寺院は、1066年にジャヤヴァルマンVII王によって建立されたヒンドゥー・仏教混交の寺院跡です。


バプーオン(Baphuon)は、アンコール・トムにあるバイヨンの北西に位置。11世紀中頃、ヒンドゥー教の神シヴァに捧げられ、ウダヤーディチャヴァルマン2世の国家寺院として築かれた3層からなるピラミッド型寺院です。バプーオン様式の原型となっています。


ピミアナカス (Phimeanakas) は、ヒンドゥー教寺院で、ラージェンドラヴァルマン2世(944-968年)統治時代の10世紀末に建造され、次いでスーリヤヴァルマン2世の統治時代に、3層ピラミッド構造のヒンドゥー教寺院として再建された。ピラミッドの最上部には塔があった。


象のテラス(Terrace of the Elephants)は、カンボジアにある廃墟となった寺院複合体であるアンコール・トムの城壁を巡らした都の一部であります。テラスは、アンコールの王ジャヤーヴァルマン7世により12世紀末に築かれ、凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われた。


ライ王のテラス(Terrace of the Leper King)は、アンコール・トムの王宮の北側に位置する。ライ王のテラスは、12世紀末にジャヤーヴァルマン7世のもと、バイヨン様式で築かれたもので、一辺が約25メートル、高さは約6メートルであり、南東側の部分には二重となった壁面が示されています。現在の名称は、その場所で発見された15世紀の彫像に由来した。片足を立てた彫像はヒンドゥーの死の神であるヤマ(閻魔)を表現しています。

 
  
                                   南大門                                                   バイヨン寺院                                                        バプーオン
 
 

午後:アンコール・ワット見学。  

12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として30年を超える歳月を費やし建立された。16世紀にソター王は仏教寺院へと改修し、本堂に安置されていたヴィシュヌ神を四体の仏像に置き換えたという。
 
 65メートルの丘バケンに登り、夕方の太陽をお楽しみ。
 
宿泊:シェムリアップ


 
3日目:シェムリアップ

午前


プリヤ・カーン (Preah Khan) は、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。名前は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。


ニャック・ポアン(Neak Pean)は、アンコール地域において、12世紀の後半、王ジャヤーヴァルマン7世の統治時代に築かれたプリヤ・カーンのバライにある丸い島に仏教寺院を備えた人工の島です。名称は、寺院構造の基礎の周りを囲むヘビ(ナーガ)の彫刻に由来する。

タ・ソム(Ta Som)は、アンコール遺跡にある小寺院で、ジャヤーヴァルマン7世の12世紀末に構築された。王ジャヤーヴァルマン7世は、1150年から1160にかけてクメール王朝の王であった父ダーラニンドラヴァルマン2世に、この仏教寺院を捧げた。寺院は一層上にあり、ラテライトの周壁に囲まれた一つの祠堂より構成されます。近隣のプリヤ・カーンやタ・プロームと同様、寺院は大部分が修復されないままになっており、多くの樹木やその他の植物が廃墟の中に成長しています。

東メボン (East Mebon) は、10世紀のヒンドゥー教寺院です。王ラージェンドラヴァルマン2世の時代 (在位944-968年) に築かれ、現在は干上がった東バライ貯水池の中心にある人工の島であった場所に立っています。

プレループ (Pre Rup) はヒンドゥー教寺院です。ラージェンドラヴァルマン王による建立で、961年頃には神々が祀られていた。この土地はかつてヤショヴァルマン1世が建立した僧坊の敷地であったとする説があります。境内に在る石槽では、死者を荼毘に付し、その灰で死者を描く儀式が行われたと伝わり、名の由来となっています。

 
  
                                 プリヤ・カン                                                      ニャック・ポアン                                                   タ・ソム
 
 

旧市場で自由行動。

ホテルへお送り。
 
終了


 
*弊社のプノンペンやシアヌークビルやベトナムのオプショナルツアーに参加可能。


 
旅行代金に含まれるもの
 
+エアコン付車(グループにより、4席~45席)
+日本語ガイド&入場料
+宿泊
+06回食事(昼、夕)
+ピースツアー社の帽子/お一人様
+02本ミネラルワーター
 
旅行代金に含まれないもの


+食事・お飲み物、個人的性質の諸経費、チップ
+国際線・国内線往復航空券
+カンボジアのビザ

ご予約・お問合せ:電話    0933273768
           メール    japan@peacetour.com.vn

 

その他のツアー

おすすめベトナムツアー

顧客

ビデオ

  • 国土音楽

    ビントゥアンは北tỉnhにニントゥアンとラムドンと国境を共有して、ベトナム中部の最南端に位置する海岸沿いの地域であります

  • 自由と状況

Back To Top