Destinations

バックカン省

バックカン省は、ベトナムの省(地方自治体)の一つ。省都はバックカン市。東北部 に位置する。現代中国語では「北乾省」と表記されることもあるが「カン」の一般的な子音であるCを使ってBắc Cạnとされることがあるが、正式名称はBắc Kạnである。森林、鉱物などの天然資源に恵まれている。

 

 

 

面積:4,859.4 平方キロメートル

人口:約30万人の人口の中にタイ族が54%、ヤオ族が16.8%、キン族が14%、ニュン族が9%、モン族が5.5%、ホア族が0.4%、サンチャイ族が0.3%を占める。多民族に構成されたことによって、豊かな文化を有している。

地形:バックカン省は北にカオバン省に、西にトゥイクアン省、南東にランソン省、南にタイグエン省と隣接する。ハノイから約166km、ハノイーカオバン3号線上に位置する。省内に低い山岳と河が多く存在する。

:川のシステムは、かなり多いですが、短くて、坂のある状態になり、主に北東地区に集める5つの川がある。ロオー川、ガム川、キクオン川、バン川、カウ川です。

行政:バックカンは、1都市と7地区からなっている。

気候:湿気の多い熱帯モンスーンの気候で、二つのシーズンがある。雨季は蒸し暑いで、5月~10月までで、乾季は11月~04月、12月に雨があまり降っていない。

平均気温は、20-220Cで、一番低い温度は、バーベー地区ならマイナス0.10C, -0.60Cで、ガンソンにはマイナス20Cになるため、氷河被害で植物と家畜に悪い影響を与える。

常にこの気候は、熱帯と温帯に属する農業や林業の発展に便利だが、霧氷、雹粒、竜巻などが良くあるため、人々の生活や地方の経済活動にも影響を与える。

 

観光スポット

 

バーベー湖

バーベー湖はベトナム最大の天然湖である。海抜145メートルに位置する湖はそのまま原生林に囲まれる。特殊な地形や鍾乳洞の存在のほか、野生のトラやサルなど約300種の動物・400種以上の植物など生態系を特有する。

500ヘクタールの含まれる3つのペラム湖とペル湖とペレン湖が結合され、平均気温は、23oCで涼しくなる。訪問するベストシーズンは、冬と春です。

 

 

 

バーベー湖は、滝や川や谷や湖や洞窟などがあり、書いた絵と同じように美しくて、「ベトナムの尊い玉」として知られている。2003年、アジアの遺産として認められた。2011年2月2日、バーベーは、世界のラムサール条約湿地になりました。そして、ベトナムの3番目のラムサール条約湿地です。

観光客は、湖に山の中で滞在できるし、ボートクルーズやハイキング、ウォータースポーツなどを楽しむことが出来る。

 

パックゴイ村

山腹の上にバーベー湖を囲まれる40軒の伝統的な高床式のタイ族の家があります。バーペー湖を訪問するお客様は、その50年から100年までの家に宿泊出来る。又少数民族の音楽や食品などを楽しむことが出来ます。タイ族の女性により編んだ織物を記念に購入できる。

 

 

ATK革命ベース

ATKというのは「安全地区」の意味で、チョドオン、バックハン省に位置する。フランス殖民地に反抗する革命運動の時期に建てられた。地下トンネルの複雑な構造と各室には、1946年~1954年ベトナム軍隊の大切な基地であった。ホーチミン主席とVIPの幹部は、この基地からベトナム民族の運命に関する重要な決まりを出した。

 

他の観光スポットは、プオン洞窟、フアマ洞窟、天女洞窟、ナポーン洞窟、バクア洞窟、ソンヅオン鍾乳洞、キムム保護区などがある。

 

 

                                                                                                                                                  

Related tours
Newest Promotions

おすすめベトナムツアー

顧客

ビデオ

  • 国土音楽

    ビントゥアンは北tỉnhにニントゥアンとラムドンと国境を共有して、ベトナム中部の最南端に位置する海岸沿いの地域であります

  • 自由と状況

Back To Top