Destinations

ドンタップ省

ドンタップ省は北40kmをカンボジア、南にヴィンロン省とカントー市、西にアンザン省、東をロンアン省とティエンザン省と隣接。ホーチミン市より165km。
 
 
 
 
 

面積:3,374km2

人口:1,673,200人 (2011年)、1,663,718ベトナム人、1,855華人、657クメール人、他にチャム人、タイ人、ムオン、タイ族の21族から構成されている。

地形:ドンタップ省の地形はかなり平面で、テイン川の北部の平地と洪水になるデイン川の南部という二つに区分できる。

ドンタップ省は、川や運河や湖に恵まれる。テイン川は132kmの省内を流している。

行政:カオランとサデックという二つの都市、ホオングー街と9区がある。

気候:ドンタップは、熱帯気候に属し、二つのシーズンがある。5月~11月まで雨季で12月~4月まで乾季である。年間平均降水量は1,682-2,005ミリ、農業に対して役立つ。平均気温は270Cで、高温は、34.30Cまでの場合もあり、低い温度は21.80C。省の水文学は、メコン川の上流から洪水、雨、東南アジアの潮汐という三つの要素の影響を受ける

 

観光スポット

豊富な自然条件と浸水生態学はドンタップ省にマルチプル価値のあるエコツーリズムの資源を与えられている。ドンタップもそれぞれ異なる文化と歴史がある。

 

+グエンシンサック副榜老人の遺跡

グエンシンサック遺跡はカオラン市のファン・ヒューカウ通りにある。ここは、11ヘクタールでホーチミン主席の父を崇拝するところである。グエンシンサックは、グエン王朝時代の官僚で退職してから薬師として貧困な人々に治療してあげた。1929年にドンタップ省で亡くなった。遺跡の中にグエンシンサック氏の生涯と活動を展示し、ホーチミンの家およびホーチミンの展示もある。

 

 

セオ・クイット基地

セオ・クイット基地は、アメリカ戦争の時にミヒエップとミロンとう村に位置するベトコン基地であった。この基地はメコン地域のベトコンの作戦総司令部のみで重火器などの兵器は配備されてなかった。総司令部があった所と言う事でルン・チャムの森全体が自然林のまま残される。ベトナム戦争は1973年にアメリカ軍の大半が撤退した後、終戦までの2年間は南ベトナム軍だけによる戦いとなった。その当時、ベトコンは地上に基地を作るようになった。クチ・トンネルのような地下基地のイメージは全くない。また、この基地には十数名のベトコン将校だけが常駐していた。

 

 

 

 

ゴータップ遺跡

ゴータップ遺跡は、カオラン市から43km広大なドン・タップ・ムオイ区の中心に位置し、カンボジアからベトナムにまたがるドンタップムオイ地域という大低湿地帯に眠る巨大な複合遺跡です。ドンタップムオイ域は、カンボジア側から流れ込む河水のため、雨期には海のように大冠水するところで、2-30年前まではチャム(Tràm: Melaleuca sp.)という木が群生する人家も疎らな湿地帯でした。ここに開拓農地化の手が伸びるようになったのは、南北ベトナム統一後の1980年代からで、それからオッケオ文化の遺跡が次々に発見されるようになった。そのなかには貴石製ビーズや金製装飾品など目当ての盗掘などで、破壊・消滅に至ってしまった遺跡も少なくない。ここには、ゴータップムオイ、コートウ塔、ドックビンキイユーの寺とお墓、ゴオミンス、バチュアス寺院などの生態学的環境と美しい景観がたくさんある。

 

 

スー母神社

 

ガオゾン自然観光地区: カオラン市から17キロ。2000ヘクタールのマングローブの林を有する観光地区である。小船に乗ってマングローブの林や、そこに生息する200種類にも及ぶ鳥類を鑑賞できる。毎年9月から11月にかけて、メコン川の上流から流れ込む水により、広範囲にわたり水位が上昇する。農家らはこの時期が始まる前に作物を収穫するため、水害はほぼ皆無。上流から流れ込む水にはエビやプランクトンなどを運んでくるため、土壌がより豊かになる。

 

 


チャムチム国立公園: タムノン郡にある国立公園で、規模は7588ヘクタールである。レッドブック(絶滅危惧種リスト)に記載されているオオヅルをはじめとした希少な鳥類を保護している。水位が高い時期には、小舟に乗って美しいマングローブの林と、希少な鳥類などの野生動物を鑑賞できる。

 

 


サデック花村(タンクイドン花村)


サデック花村は、テイン川の側にある南部の花センターである。300ヘクタールの面積で色々品種の花、盆栽、観葉植物が栽培されている。数百年の盆栽や観葉植物などの珍しい木を鑑賞できる。メコンデルタ地方だけでなく、ホーチミン市、カンボジアなどにも花卉、盆栽、観葉植物など年間数万鉢を出荷している。経済価値の以外にサデック花村は、メコンデルタ地帯にも環境改善や美術観や観光発展を貢献されている。

 

 

デインイェン・マット市場

デインイェン村は、ハウ川の近くあり、マットを作るのが有名である。夜になると、製作者はアンフオック寺に集まって、2時間ほど自分の製品を販売する。何故かというと朝から午後まで忙しくマットを編むわけである。市場にはいつも熱心で若い女性が多い。彼女らは、お客さんのために色々形を持つ多色なマットを紹介してあげる。

 

フイン・トゥイ・レの旧家

サデック市の2区、グエンフー通りにあるフイン・トゥイ・レの父であるフィン・カム・トウアン氏の家である。

 

 

1895年に建設された木造の家屋で、ベトナム・フランス・中国の建築様式の特徴を合わせ持つ。フランス人作家マルグリット・デュラスの自伝的小説「ラマン(愛人)」に登場する華僑の青年フイン・トゥイ・レの旧家。同作品は1992年に映画化された。

 

 

 

Related tours
Newest Promotions

おすすめベトナムツアー

顧客

ビデオ

  • 国土音楽

    ビントゥアンは北tỉnhにニントゥアンとラムドンと国境を共有して、ベトナム中部の最南端に位置する海岸沿いの地域であります

  • 自由と状況

Back To Top