Destinations

ホアビン省

ホアビン省はベトナムの西北部に位置する山岳地域である。ハノイより73kmの西側にあり、北にフオト省、南にハナム省とニンビン省、東にソンラとタンホア省に接している。ダー川を堰き止めたベトナム北部の水瓶、及び水力発電の供給源であるホアビンダムが存在する。ホアビンは考古学的な名残が観光業の発展に適した豊かな無形文化的価値、景勝地を持つ古代のベトナム人が住んでいた土地の「発祥地」である。又、マイチャウは、ハノイから気軽に少数民族を訪れることができる場所として観光客が多く訪れる。
 

面積:4,608.7 km2

人口:799.800人、6グループの民族で形成される。ムオン族 (63,3%), ベトナム人(27,7%), タイ人 (3,9%), ザオ族 (1,7%), タイ族(2,75), モン族 (0,52%), 華人。

地形:ホアビン地形の特徴は、北西から南東までの高度の傾斜した高い山である。二つの地区に分けられる。西北における600メートル~700メートルまでの高い山岳地帯と南東に低い山岳地域(100~200メートル。)

:ホアビン省には、多くの川とストリームがある。全ての支流は、ダー、ボイ、ブオイ、ランという川に流れて込む。水力発電を開発する能力がある。現在、旧ソ連により建てられたダー水力発電所が未だ活動している。

行政単位:11区(1市と10区)

気候:ホアビン気候は、熱帯モンスーンで冬に寒いが、夏には雨がよく降る。平均気温は23℃。雨季は5月~10月で、降水量は、1.700ミリ-2.500ミリであるが、乾季は11月~4月までで、年間平均降水量は150~250ミリである。

 

 

観光スポット

ホアビンは、伝統文化の発祥地である。観光スポットの多種多様な北部高原の特性を反映した祭りの土地だけでなく、よりも多くの雇用を創出したり、村人のために収入を増やしたり、独特な文化保存の認識を高めたりすることに貢献される。

 

ザンモオン族の村

ホアビン市の西より約10キロに位置するジャンモ村は、ムオン族の民族グループの特定の文化的価値を持つ魅力的な観光地として知られている。村の特別な魅力を作るハイライトは、谷におけるムオン族の100の住宅である。伝統的な高床式の家と一緒に、ムオン族の人たちは、給水システム、米迫撃砲、弓、矢などの天然素材(木材、竹...)で作られた多くの古代制作ツールを保存している。

現在、ザンモ村は、地域密着型の観光事業に参加する45世帯を持っている。これらの世帯は、環境保護に注意を払う:観光客の要望に合わせて、バスルームとトイレも建設するし、2010年には、村の文化の家は、500平方メートルの面積があり、そこでは、ムオン族の文化的生活はユニークなアート、村民の文化活動を通じて活発な再構成されている。



 

マイチャウ谷

ホアビン省に位置するマイチャウ谷は、ハノイから約150km、ホアビンから60キロ、その自然の美しさで知られている。谷はホワイトタイの民族の人々の首都である。どこでも、高床式の家屋は、道路の両側にある。日曜市は町に集まる多くの人を誘引しているところである。それは、地元の産物や民芸品や景色や音などの色彩がいっぱい。近くの山の中に住んでいる別の少数民族の人々は、自分の特定の製品を販売するためにマイチャウ市場に来る。歩いたり、自転車に乗ったり、地元の人々の家にホームステイをしたりしたい観光客に対してマイチャウ谷は、正しい選びである。

ホームステイスポット:

ラック村、ラック村はマイチャウ町から1kmほど、チエンマイ区にあり、5つの白いタイ族グループの故郷である。人々は、主に陸稲を耕作している。ヤシ葉っぱで敷いた屋根と黒く塗った竹の床のある高式の広い家々に住んでいる。家の真中に台所があり、タイ族の服装を作る材料をを作って、「土とオレンジ色」に染めるのは、殆どこの台所で行なわれる。窓には広くて、様々な様式で装飾される。各家にも魚を養殖している池がある。観光客は、この25件の家に住めて、共同活動に参加も可能である。

ポムコーン村、ポムコーン村は、ラック村の近状にあり、64件の家があり、日常生活や伝統踊りやゴング祭りなどタイ族の文化を知りたい観光客を楽しく歓迎する。

 

 

温泉のキムボイ、温泉のキムボイは、ホアビンから30kmのキムボイ郡のハビ区のモダ村にある自然の温泉である。

深い地下からミネラルワーターは、36℃~36℃までの暖かい水を野外に噴水する。このミネラル水は、飲み水とバスの水準が充分である。お体をバスに浸漬するのは、関節、腸、胃、高血圧に関わる疾患を治療する能力がある。

 

 

 

ホアビン水力発電所

ホアビン水力発電所は、ダー川の上に建てられた。1979年10月に建て始め、10年間後、完成できた。ダムは、128メートルの高さと970メートルの長さで、今ベトナムで最大で最も重要なダムの一つである。電力製造が、1920kWの総容量を占め、240メガワットの容量を持つ8つのタービンを利用されたわけである。

 

 

一年の生産能力は約8,160GWhである。貯水池はホアビンの中心を通って、建てられた。ここにダムを作った間に168人のワーカーが亡くなった。そして、ダムの側に記念碑がある。ダムは、洪水対策、電気生産、水利、交通運送などの不可欠な役割を果たしている。これは、国家現代化と工業化の事業に対する意義のある工事である。他に、ホアビンダムも観光の資源で、大分の観光客を誘引している。

 

 

Related tours
Newest Promotions

おすすめベトナムツアー

顧客

ビデオ

  • 国土音楽

    ビントゥアンは北tỉnhにニントゥアンとラムドンと国境を共有して、ベトナム中部の最南端に位置する海岸沿いの地域であります

  • 自由と状況

Back To Top