Destinations

カオバン省

カオバン省はベトナム北東部にあり、西にトェンクアン省とハザン省、南はバクカン省とランソン省、北と東は333.403km国境で、中国の広西チワン族自治区に接している。カオバン省は山、森林のほか、多くの河川も恵まれています。
 
 
 

面積:6,707.9 平方キロメートル

人口: 515,000人、41%タイ族、31.1%ヌン族、10.1%ホオモン族、10.1%ヤオ族、5.8%キン族、1.4%サンチャイ族、又他の11の少数民族が50人。

地形:カオバンは、石灰岩の高原の土壌山と混合する山岳地帯である。平均高さは、200メートル以上で、海抜に費は600-1,300mまで。省の面積は90%の山と森である。

:カオバンには、主に西側のガム川と中心のバン川があす。他にクアイソン、バックヴォン、ナン、ネオ、ヒイエンよいう川がある。

行政:カオバン市と12区。

気候:カオバンは温帯の気候である。春夏秋冬という四季がちゃんと区別できる。平均気温は、夏の25 - 280C で、冬の16 -170Cである。チュンカン、チャリンという高い山には冬で雪が降ってくる。

 
お土産を販売するヌン婦人

観光スポット

 

千年前にベトナム人が住んでいた地区であるカオバンは、南進した前に自然と歴史的な遺跡が多く残っている。

 

バンゾク滝

バンゾック滝は、カオバンから92kmで、中国との国境近くにあるベトナム最大の滝です。バンゾク滝はベトナムの最も美しい滝の一つであり、東南アジア地域における最も大きな滝でもあります。バンゾク滝から3キロ離れた所にグオムガオ洞窟があります。この洞窟は手付かずの美しさがあり、観光客を驚かせています。バンゾク滝には大きい滝と小さい滝という2つの滝からなっています。5月~9月の雨季になると、この滝が最も美しくなり、30メートル以上の滝の流れの音が遠いところから聞こえる。

 

 
 
 

グオム ガオ洞窟

グオムガオ洞窟は、チュンカン郡のダムチュイ地区のグン村に位置し、バンゾック滝から3kmほどにあります。グオムガオ洞窟は、ベトナム北東部の一番美しい洞窟として考えられる。

1921年に現地の人々に発見されました。1996年、初めて観光客をご歓迎し始めた。2,144メートルの長さのあるグオムガオは、かなり大きくて、三つの入り口がある。洞窟の中に人間の姿を持つ鍾乳洞がある。又は、動物や蓮などの姿を持つ鍾乳洞のイメージが出来る。

自然の美しさとして、グオムガオは、2006年にベトナム政府により「国家文化財」と認可された。2006年より国道206号からグオムガオ洞窟までコンクリートの道路が整備でき、便利になりました。

 

 
 
 
      

 タンヘン湖

タンヘン湖は、チャリン郡の36湖の中に甘い水を提供する一つである。カオバン省の町から25kmほどにある。
山と森を囲んでいる3,000メートルの長さと1,000メートルの幅のある大きい湖。毎日、満潮と干潮があり、雨季と乾季でも水量は安定である。

伝説によると、昔、朝廷で官僚をしていた若い青年がいた。王様より07日間の休暇を取って、古里に戻って、家族と若い奥さんを訪問した。久しぶりで奥さんに会ったため、休暇が終わるまで近づいたのに、京都へ戻ることが忘れてしまった。思い出した時に、1日間しか残っていなかった。急いで上京へ行った彼は、36谷を超えたが、喉が渇いたし、疲れたので、倒れて亡くなった。超えた36谷は、現在36の湖になり、亡くなったところには、このタンヘン湖だそうである。

 

 

 
 

パックポ洞窟

ハノイより北へ350kmで及びカオバンより北へ55km。ホーチミンが住んでいたといわれるパックボ洞窟にある。中国との国境近くにある洞窟で、1941年ホーチミンが海外から帰国して、革命の構想を練る為に4年間暮らしたとされます。現在では観光用に一部が開放されていますが、その昔、中国側による洞窟荒らしが多発したとされる。ホーチミンは近くの山や小川を、カールマルクス山や、レーニン川と名づけている。

+コックボオ洞窟は30年間海外に住んでいた後、帰国してからホーチミンが仕事をしながら住んでいた家。

+レーニン流れの側に沿うと、コックボオ洞窟のとなりに木の橋があり、その奥にパックポ洞窟がある。その中にホーチミンがベッドに利用された板があった。

+パックポ洞窟より1kmほど小さい小屋があり、第8回目の共産党中央委員会儀が行なわれた。小屋の近く中国との国境の印である108という柱がある。

この歴史的な遺跡を訪問するとお客様は、最もホーチミンの生涯を理解出来る。

 

 
 

キムドン遺跡地区

キムドン(1929年~1943年)は、フランス植民地時代に反抗して、殺害された愛国者であるヌン少数民族の少年である。フランス軍から逃げられるベトミンの偉い幹部に手伝うため、犠牲になった。

遺跡区は以下の通り。

+ドンチュオン三つの交差点、バックポ洞窟より8kmにある。

+ドンチュオン三つの交差点より2km、リ・ヴァン・キン幹部の家の地下トンネルで、1940年にはインドシナ共産党大会が行なわれたところ。

+キムドンがフランス軍の行動を観察できたテインギエン石。

+キムドンの記念碑とお墓。

 

 
 
 

トラン・フン・ダオ森の遺跡

トラン・フン・ダオ森の遺跡はカオバン市より西南へ50kmほどにグエン・ビン郡のタムキム村にある。ここに1944年12月22日、ヴォ・グエン・ジャップ将軍によりベトナム人民軍隊の前身である「ベトナム武装宣伝師団」が設立された。

 

Related tours
Newest Promotions

おすすめベトナムツアー

顧客

ビデオ

  • 国土音楽

    ビントゥアンは北tỉnhにニントゥアンとラムドンと国境を共有して、ベトナム中部の最南端に位置する海岸沿いの地域であります

  • 自由と状況

Back To Top